体調管理のため腸内環境を整える

重要なのは腸内にある善玉菌の割合を多く保つこと

重要なのは腸内にある善玉菌の割合を多く保つことです。
善玉菌や悪玉菌などとよく耳にはしていましたが、実際に自分のお腹の中のこととなると意外に無頓着で、今まであまり気にせずに生活していたことに気がつきます。
腸の中の状態が良くなってくると悪玉菌がいづらくなり、その反対で善玉菌は快適に働けるようになるとのことを知り、積極的に行動するようにもなりました。
改善する方法は、いくつもあります。
まずは乳酸菌を摂取することが大切です。
乳酸菌は善玉菌の1種で、糖類を分解して乳酸を作り出してくれます。
乳酸菌を体の中に取り入れることは、腸内の善玉菌に援軍を送るようなイメージです。
さらにこの乳酸菌を元気にする方法で、オリゴ糖と食物繊維の摂取も挙げられます。
オリゴ糖と食物繊維は、腸内で乳酸菌が働きやすい環境を整えてくれる優れものです。
ヨーグルトを選ぶときにも、良い乳酸菌がたくさん入っているものをチョイスするようになりました。
さらに健康に近づいているとイメージしやすくなり、毎日がとても気持ち良いです。
腸内環境を整える方法で、腸そのものを元気にする生活習慣も気をつけるようになりました。
適度な運動や十分な睡眠、朝食をきちんと食べるなどです。
体を動かすのはもともと好きなので、どんな運動をすれば良いのか吟味しました。

40歳を過ぎてから少し体調を崩すことが増えてきました重要なのは腸内にある善玉菌の割合を多く保つこと生活のリズムを整えることで腸内環境は確実に改善している

腸内環境腸内環境を整えて健康におなかの調子と食物繊維の関係-大塚製薬