体調管理のため腸内環境を整える

生活のリズムを整えることで腸内環境は確実に改善している

40歳を過ぎてから少し体調を崩すことが増えてきました重要なのは腸内にある善玉菌の割合を多く保つこと生活のリズムを整えることで腸内環境は確実に改善している

有酸素運動をするために散歩に出かけたり、自転車をこいだりと自分の中で飽きないように気をつけながら継続できる運動をいくつかチョイスします。
その日の気分によって運動の種類を変え、いつでもフレッシュな気持ちで取り組めるように工夫をしています。
体の振動や筋肉の動きで、腸内の便の動きをサポートするイメージです。
朝には気持ちよくトイレに行くことができ、満足しています。
たくさん睡眠時間を確保することは、健康に直結します。
すっきりと目が覚めると1日を気分良く過ごすことができますし、朝起きたときに便をS状結腸まで送り込めることもメリットです。
目覚めてから数10分で定期的にトイレに行きたくなるため、生活のリズムも腸内環境と一緒に整います。
朝ご飯を時間をかけてきちんと食べることも、理想的な排便タイムの訪れにひと役買ってくれます。
起きて朝ご飯を食べて、トイレに行くという一連の流れが当たり前になって、お腹あたりがモヤモヤしたまま出かけることはなくなりました。
上手に乳酸菌を取りながら睡眠時間を多めに確保し、生活のリズムを整えることで腸内環境は確実に改善していると感じます。
健康に長生きしたいと考えているので、今後も継続するとともに、良さそうな情報があれば試してみたいです。